iconiconiconiconiconiconiconiconiconicon

【ガンプラ】HGCE ZGMF-X42S ディスティニーガンダム レビュー

ガンダムSEED DESTINY

今回は、HGCE ZGMF-X42S ディスティニーガンダムのガンプラレビューです。

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』で主役機だったデスティニーガンダムが、令和になって完全新規造形でHGCEでリニューアルされたモデルです。発売日は2019年05月31日。

旧HGの発売が2005年でしたので、実に14年ぶりのリニューアルということになります。

何といっても、このガンプラ最大の特徴は、光の翼、パルマフィオキーナなどのビームエフェクトがクリアパーツで再現されていることです。これでHGなんですよ!

HGCE 1/144 ZGMF-X42S ディスティニーガンダム

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の劇中後半から、主人公(?)シン・アスカが搭乗する機体。

またアニメタイトルのDESTINYを冠するモビルスーツです。

インパルスガンダムの持つ三つのシルエット(フォース、ソード、ブラスト)を全部乗せして、当時のザフト最新鋭技術が惜しみなく投入され開発されてます。

劇中でも最高クラスのMSですが、相手にしていたMSがキラ・ヤマトのストライクフリーダムやアスラン・ザラのインフィニットジャスティスだったので、私の中ではあまり最強の印象が残っていません。

こちらが完成したHGディスティニーガンダム。素晴らしいプロポーションです!

膝の周りあたりに少し墨入れを行っています。

背面のバックパックにはアロンダイトビームソード、高エネルギー長射程ビーム砲が取り付けられるようになっています。

付属部品はアロンダイトビームソード、高エネルギー長射程ビーム砲、シールド、ビームシールド、高エネルギービームライフル、ビームブーメラン×2、光の翼×1式、パルマフィオキーナエフェクトパーツ、パルマフィオキーナ用手×左右各1とかなり豊富です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0096-1024x768.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0097-768x1024.jpg

可動域はかなり広く手足は大きく広がり、膝立ちも可能です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0105-768x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0109-768x1024.jpg
頭部はかなり細かいディテールとなっており、合わせ目は段落ちモールとなっています。この画像はツインアイとトサカのセンサーをガンダムマーカーで塗ってみましたが、付属のシールもついてます。

けど、このディスティニーガンダム。血の涙を流しているように見えるのは、私だけでしょうか。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0112-768x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0113-768x1024.jpg

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0114-768x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0115-768x1024.jpg
胸部はライトブルーの別パーツで色分けがされています。肩にはビームブーメランの柄がジョイントされていて、取り外しができます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0116-768x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0117-768x1024.jpg
腕部も合わせ目が出ないように造形されています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0118-1-768x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0120-768x1024.jpg
シールドは伸縮できます。裏側にもモールドが彫られています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0123-1024x354.jpg
サイドアーマーは角度を変えることができ、脚部の可動に邪魔にならないようにできています。
フロントアーマーも可動できます。写真ではフロントアーマーを説明書通り組み立てていますが、組み立て前に分割してしまえば、もっと大きく可動させることができます。ニッパー1つで簡単にできますので、是非試してみてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0124-768x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0125-768x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0126-768x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0128-768x1024.jpg
脚部ですが、こちらも合わせ目はありません。モールドも刻まれているので、墨入れをしてあげると出来上がりの見栄えがグッと良くなります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0132-768x1024.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0133-768x1024.jpg
足裏とつま先です。つま先はかなり曲げることが可能です。

翼は大きく広げることができます。そしてエフェクトパーツをつけることにより、光の翼となります。

エフェクトパーツをつけ光の翼を広げたディスティニーガンダム。凄い迫力ですね。これでHGなんですから、驚きですよね。

エフェクトパーツは、アロンダイトビームソードにもあります。

翼の側面と上部に少し合わせ目があります。合わせ目が気になったのは、ここの部分でぐらいです。

ここからは少しアクションボーズをつけてみます。

パルマフィオキーナエフェクトパーツは左手につけることもできます。しかし手は両手分パーツがあるのですが、エフェクトパーツは1つしかありません。

手の甲やビームシールド部の黄色のパーツはいちいち差し替えが必要で面倒です。小さいパーツなので、数をそろえてくれたら嬉しかったです。

HG ディスティニーガンダムの感想

こんなにプロポーションが決まったHGが出来るようになるなんて、凄い技術の進歩ですね。

また光の翼をはじめとしたエフェクトパーツまで付属してしまうので驚きです。

武装もアロンダイトビームソード、高エネルギー長射程ビーム砲、ビームライフル、ビームブーメラン、パルマフィオキーナと盛り沢山!

SEED系が好きな人は絶対に作るべきガンプラですよ!

コメント